フライヤー印刷をするときは紙質やサイズなどにもこだわりを持とう

婦人

丈夫な封筒

インク

透明封筒とは別名OPPやCPPと呼ばれるものです。透明封筒は主に会員向けに発送しているダイレクトメールの書類や重要な情報の書類を入れるのに使う封筒です。透明封筒にはOPPやCPPと呼ばれるほかにもクリスタルパック、ビニール袋、クリア封筒、フィルム封筒、ポリ封筒などの呼び名でも呼ばれています。透明封筒の原料はポリプロピレンという樹脂の素材でできています。透明封筒の特徴としては、水に強い、破れない、伸びないという特徴があります。重要な書類を入れるのに使うため普通の封筒よりも素材が丈夫にできており、少しの衝撃では破れないようになっています。雨に濡れても大丈夫なようにしっかり防水の質も備わっているので、お客さんの届ける重要な書類を濡らさないように配慮されています。透明封筒は全体的には丈夫な素材になっているのですが、両端は封が開けやすいようにすぐ破れるようになっています。そのため両端を持つときは注意して取り扱わなければなりません。ダイレクトメールは顧客に対してお店などを宣伝する広告やその他の通知などを封入して発送するためのものです。このダイレクトメールには、OPPという透明封筒が主に使用されます。OPP袋は、正式には2軸延伸ポリプロピレンと呼ばれています。文字通り良く延伸する素材になっており、自由自在に伸びます。とても丈夫な素材になっており、とても強度が高いです。書類を入れても破れないように耐性がついています。

そのほか透明封筒には、CPP袋と呼ばれる封筒もあります。CPP袋は正式には無延伸ポリプロピレンと呼ばれています。この袋もOPP同様、丈夫な素材になっていて裂けにくく強度が大変高いです。OPPとの違いはCPPのほうがより丈夫で裂けにくく、かつ手触りがとても滑らかです。CPPはOPPに比べて見た目も透明度がやや低く一目で見分けがつくほどです。CPPはOPPよりも強度が強いため、重量のある商品のカタログなどを入れるのに最適であるといわれています。CPPはがOPPよりも強度が高いのにはその製造法に秘密があります。OPPは製造の際に熱を加えながら伸ばして作られるのに対して、CPPは伸ばしません。伸ばさずに製造することによって、より封筒の厚みが増して強度が高められる仕組みになっています。どちらの素材もポリプロピレン樹脂でできていますが、製造法に違いによって特徴なども変わってくるのです。透明封筒にはそれぞれに利点がありますので、それを把握して使用するといいでしょう。