フライヤー印刷をするときは紙質やサイズなどにもこだわりを持とう

婦人

魅力を最大限に伝えよう

パンフレット

飲食店などのお店でおかれているメニューブック。メニューブックはお店の評価を決める重大なポイントでありまたお客さんに来てもらうための大事なアピールポイントであるといえます。メニューブックを作るときは印刷会社のほうに依頼して作成してもらうか自分で手作りで作ることもできます。メニューブックはお店の売り上げを伸ばすためにはしっかり工夫して作成しなければなりません。メニューブックを作成するときにこだわっておいたほうがいい点をご紹介しましょう。

メニューブックは通常は業者のほうに要望を伝えてその通りに作成してもらいますが、お店の独特の雰囲気を出すために自分で作成するところもあります。業者のほうに作成を依頼するときには、まずメニューブックの素材を決めます。しっかりした素材にするかページが開きやすいようにやわらかい素材にするかなどの要望を業者のほうに伝えて作成してもらいましょう。メニューブックの素材が決まったら、具体的なメニューブックの中身の部分を決めていきます。メニューブックの中身の構成は主に表紙にはそのお店のおすすめのメニューなどを載せ、2ページ目や3ページ目にはそのお店の看板メニューなどの写真を大きく載せると効果的です。看板メニューは目立つところに配置するのがポイントでお客さんの目に留まりやすいところに載せるようにしましょう。写真を大きく載せることもポイントで、看板メニューの写真や値段などを大きく載せることでお客さんにいち早く印象付けることができ、食べてもらえる機会が格段に上がることでしょう。そして4ページから5ページ目にはそのほかのメニューの紹介をしていくといいでしょう。そのほかのメニューはお客さんが探しやすいように品目ごとに載せていくとより見やすくなっていいといえます。4ページ目から5ページ目は他の部分とは少しイメージを変えて背景の色を違う色にしたりなどの工夫をすると、お客さんにも効果的な見せ方になるでしょう。最後に裏表紙にはセットメニューなどではなく、単品で手軽に食べられるメニューやデザートを載せるといいです。裏表紙というのはメニューブックを開かなくても見られるページです。食事を終えたあとにもうちょっと何か食べたいなというときや、食後のデザートなどを頼みたいときにすぐに見られるようになっています。メニューブックの構成は基本的にはこのような構成で作成することが多いです。自分のお店の魅力を最大限に際立たせる内容の詰まったメニューブックを作成してくれるように業者のほうに依頼してみましょう。