フライヤー印刷をするときは紙質やサイズなどにもこだわりを持とう

スーツの男性

丈夫な封筒

インク

透明封筒は、お客さんに発送するダイレクトメールや商品カタログなどを入れるときに使う透明の袋です。透明封筒にはいろんな種類があり、基本的に全て強度が高く引っ張っても切れないなどの特徴があります。

More Detail

世界で一つの贈物

暦

名入れカレンダーは最近注目されている写真屋さんで行っているサービスです。カレンダーの写真のなかに名前やちょっとしたメッセージを入れて自分の大切な人やお世話になって人などに贈るという人が増えてきています。

More Detail

魅力を最大限に伝えよう

パンフレット

メニューブックは飲食店などのお店に置かれているものです。そのお店の具体的なメニュー内容やおすすめ品などを見ることできます。メニューブックを作るときには印刷会社のほうに依頼して作成してもらうのが一般的になっています。

More Detail

手に取りやすい広告

広告

フライヤーとはお店の広告やイベントの告知などの宣伝目的のために作られたものです。よくイベントを開催するときや新しくお店がオープンするときなどに詳しく内容を書いたものが店頭や町中に貼り出されているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。新聞などに挟まれているチラシと似ていますが、フライヤーはチラシよりもサイズが小さいものが多く、人が手に取りやすいようなサイズになっています。チラシと似てはいますが違うものです。商品やサービスなどの宣伝をするために作られたものになります。別名ビラとも呼ばれていて、よく、町中で配っているものです。チラシとフライヤーの違いは、人が手に取りやすいものかどうかが異なるポイントになります。チラシは新聞などに毎日織り込まれているもので、サイズも比較的大きいものが多く、人々の印象に残りやすいように作成されています。その反面、フライヤーは手に収まるぐらいのサイズになっており、やや髪質も厚く丈夫になっています。チラシよりも情報が簡単に記載されています。サイズが小さいため文字や写真のレイアウトなども工夫して配置する必要があり、デザイン性の高いものが多いです。フライヤーは主に家に配布するものではなく、お店などにおいてお客さんに持ち帰ってもらうことを考えて作成されています。

フライヤー印刷をしてもらうには、印刷会社などに依頼をして作ってもらうのが一般的になっています。フライヤーを作成するときはまず用紙のサイズから決めていきます。だいたいB6から大きいものでB3のサイズまで取り扱っています。用紙にも種類があります。印刷する用紙の種類を選ぶときにはそれぞれの特徴などを把握しておくとフライヤー印刷を依頼するときに役立つといえます。用紙の種類は主に3種類あります。コート紙、マット紙、上質紙と呼ばれる種類になります。コート紙は別名光沢紙と言われており、文字通り紙の表面に光沢のあるタイプの用紙です。コート紙は最も利用される頻度が高く、新聞と一緒に挟まれているチラシなどにも良く使用されています。コート紙は表面に光沢があることで写真などをより美しく見せられる効果があり、紙の質も丈夫です。チラシやフライヤーだけでなく様々な用途で使用されている万能な用紙の種類です。そのほかマット紙は、コート紙よりも光沢が抑えられた紙質になっています。光沢感を抑えたことでコート紙よりも高級感が増します。お店の雰囲気やイベントの内容に合わせて上品な印象を持たせたいときなどはこのマット紙でフライヤー印刷を行うといいでしょう。また上質紙というタイプの用紙は別名普通紙と呼ばれており、チラシやフライヤー印刷などよりもアンケート用紙などのものに使用されることが多いタイプの用紙です。まれにチラシなどでも使用されることもあります。その場合はあえてお客さんに親近感や身近な印象を与えるために使用されることが多いです。チラシやフライヤーはお客さんに少しでもお店の雰囲気などを感じてもらうためにこのような紙の質や厚みにもこだわって作成することをおすすめします。